MENU
外壁塗装 屋根工事 施工事例 会社案内

🏠 中塗りと上塗りの必要性について

住宅リフォームを検討している方にとって、塗装工事は外観だけでなく耐久性や保護機能を向上させる重要な工程です。その中でも、中塗りと上塗りの役割は非常に重要です。今回は、中塗りと上塗りの必要性について解説します。

※塗装は3度塗りが基本です。3度塗りのは2度目を中塗り、3度目を上塗りと呼びます。

🎨 中塗りの役割

  1. 下地の均一化: 中塗りは下地の色ムラや凹凸を均一化する役割があります。下地処理や下塗り工程で施された補修部分や修復箇所を均一な色調に整え、美しい仕上がりを実現します。
  2. 密着性の向上: 中塗りによって、下塗り材と上塗り材の間に均一な密着層を形成します。これにより、塗料が建材にしっかりと密着し、耐久性が向上します。
  3. 塗膜の厚み調整: 中塗りは塗膜の厚みを調整する役割も担います。均一な厚みで塗料を施すことで、塗膜の強度や耐久性を均一化し、劣化や剥がれを防ぎます。

🎨 上塗りの役割

  1. 外観の仕上げ: 上塗りは外装の最終仕上げを担います。外壁や屋根に美しい色彩を与え、建物の外観をより魅力的に演出します。
  2. 耐候性の向上: 上塗りによって、外装に耐候性を与えます。UVカットや耐久性向上などの特性を持つ塗料を用いることで、建物を外部からの悪天候や紫外線から保護します。
  3. 保護機能の強化: 上塗りは外装を保護する役割も果たします。防水性や防錆性など、建材や塗料の特性に応じて適切な保護機能を付加し、建物を長期間にわたって保護します。

✨ まとめ

塗装工事において、中塗りと上塗りは美観だけでなく、耐久性や保護機能を高める重要な工程です。適切な中塗りと上塗りを行うことで、建物の外装を美しく仕上げ、長期間にわたって耐久性を保つことができます。塗装工事を計画する際には、中塗りと上塗りの役割を理解し、適切な工程を行うことがポイントです。🔧🎨
弊社ではさらに、技術が必要な4度塗りのサービスもございます。ご興味がございましたらぜひ1度問い合わせください。

目次
閉じる