外壁塗装 屋根工事 施工事例 会社案内

シーリング工事

高耐久のシーリングで雨漏りも安心!シーリング工事

シーリング(コーキング)の寿命は「10年」と言われており、寿命が過ぎるとヒビや隙間から雨水が侵入してしまいます。それが雨漏りの原因になることもあるので、定期的な打ち直しが必要です。
外壁同士や窓枠との隙間を埋めているシーリング(コーキング)にヒビや隙間はありませんか?あるのなら、早めに当店にご相談ください。

目次

シーリングのこんな症状
ありませんか

シーリングのヒビ

築5年ほどで特に南側の外壁にはヒビが見られることが多いです。

剥がれ、落下

シーリングが剥がれていたら、雨漏りがすでに発生しているかもしれません。

隙間がある

シーリングの隙間からも雨漏りは発生します。早めのメンテナンスをおススメします。

シーリング(打ち直し)の手順

1.古いシーリング材の剥離

カッターなどを使用して、取り除いていきます。

2.プライマーの塗布

シーリング材と外装材の接着を高めるプライマーを塗布します。

3.シーリング打ち

養生をしたうえで、シーリング材を注入し、刷毛でならしていきます。


4.乾燥

終わったら、乾燥させ、養生テープを剥がして完成です。

シーリングは増し打ち
ではなく打ち直しを!

シーリング工事には『増し打ち』『打ち直し』があります。増し打ちは、既存のシーリング材の上に、新しいシーリング材を補充する方法打ち直しは、古いシーリング材をすべて撤去して、新たに打ち直す方法です。
基本的に当店では、シーリングは打ち直しを推奨しています。増し打ちは、コストは抑えられますが、防水の要でもあるシーリングが先に劣化するような施工はしません。
また、外装材は寒暖差で伸縮するため、二面接着にするなど、シーリング工事も耐久性にこだわった施工をしています。

超高耐久!
おススメのシーリング材

最長30年耐久!
オートンイクシード

オート化学のオートンイクシードは、最長30年耐久という驚異の耐久性を誇るシーリング材です。一般的なシーリング材が、10年ほどの寿命であるのに対して、非常に高耐久のため、外装リフォームの際には、おススメしております。

地震などで家が揺れることによっても、シーリングの破断は発生します。耐久性・柔軟性の高いシーリング材を施工することで、外装全体の耐久性、防水性も高まります。リフォームの内容に応じて、ベストなシーリング材をご提案しますので、ご気軽にご相談ください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる