外壁塗装 屋根工事 施工事例 会社案内

塗装してはいけない屋根・外壁

目次

日本瓦の屋根は、
基本的には塗装不要

日本瓦はご存じの通り、日本家屋には多く使われる屋根材です。
基本的に、日本瓦の屋根は塗装の必要がありません。

漆喰の補修などのメンテナンスは必要ですが、耐水性に優れている反面、塗料も弾いてしまうため塗装を行っても定着しません。
色味を変えたいということであれば塗装をするケースはありますが、補修目的で塗装をすることは基本的にありません。

ただし、漆喰の補修は10~20年に一度、必要になります。また、20年も経過していたら、下葺き材(ルーフィング、野地板)なども寿命を過ぎていますので、瓦の葺きなおしをして、下葺き材を新しいものに葺きなおす工程が必要になります。

セメント瓦、モニエル瓦は
塗装必須

日本瓦(陶器瓦)が塗装不要なのはご説明した通りですが、陶器瓦ではない、セメント瓦、モニエル瓦は、塗装によるメンテナンスが必要になります。

セメント瓦、モニエル瓦の主成分はセメント。それを塗膜で保護しているわけなんですが、その塗膜が薄くなると、水が浸み込み、セメントの主成分であるカルシウムが溶け出していきます。
そうすると、内部の強度が下がり、割れや欠けの原因になります。

セメント瓦、モニエル瓦の
メンテナンス方法

そうならないように、塗装でメンテナンスをする必要があるのですが、セメント瓦は、セメント瓦対応の屋根塗装用の塗料で施工すれば問題ありません。

一方、モニエル瓦は、表面にスラリー層と呼ばれる層があり、これが塗料の付着を妨げてしまうのです。ですので、モニエル瓦を塗装する際は、高圧洗浄でこのスラリー層をしっかり落とすことが重要です。
また、スラリー強化プライマーという専用の下塗り材で、しっかりと塗装の下地を作る必要があります。

モニエル瓦は現在製造しているところも少なくなってきていますので、もし、塗装をご検討の際は、葺き替えなども併せてご検討ください。葺き替えで他の屋根材にすることで、先々のメンテナンスコストを抑えることもできますよ!

ニチハのパミール
という屋根材は塗装NG

「パミール」は、1996年から2008年にニチハより製造されたスレート屋根材です。
現在は販売されておりませんが、施工10年前後でひび割れや剥がれなどの不具合が見つかることが多く、当時はテレビや新聞でも報道されました。
ニチハは窯業系サイディングで知られる最大手の外壁メーカーで、パミールも普及率も高い屋根材でした。

パミールの屋根は、劣化するとミルフィーユ状にパリパリと剥がれ落ちてしまいます。
屋根を塗装しても、屋根材そのものが割れて剥がれてしまうため、塗装による改善は望めません。

1996年から特に販売終了直前の2008年に建てられた家であれば、パミールが使用されている可能性がありますので、一度図面などで確認することをオススメ致します。
ご自宅の屋根がパミールかどうか分からないという方は、当店にご相談いただければ、屋根を拝見することで判別できますので、お気軽にお問い合わせください。

ジョリパットは
透湿性の高い塗料
じゃないとダメ

ジョリパットは、独特の質感でおしゃれな外壁材として一定の人気があります。ただこのジョリパット。見た目はオシャレなんですが、汚れやすい、という欠点があります。
表面がざらざらしているので、どうしても汚れが残りやすいんですね。

そこで、汚れが目立ってきたからと塗装を検討中の方に、ご注意していただきたい点が一つあります。
ジョリパットを塗装する際は、透湿性が高い塗料を選ぶ必要があります。
基本的に、塗装しなくても問題はないのですが、やはり、洗浄だけでは半年もすると、汚れが目立ってきます。ですので、塗装をして汚れをつきにくくするのがおススメです。

ジョリパット外壁を塗装する際は、必ず、透湿性の高い塗料を選びましょう。ジョリパットは土壁、漆喰などと同じで、壁自体が呼吸します。機密性の低い塗料を塗布してしまうと、膨れなどから、早期剥離が起きかねません。
もちろん、当店でご提案の際は、それを踏まえたうえで、適切な塗料をご提案させていただきます。

直貼り工法の外壁は、
透湿性の高い塗料を!

2000年以前に建てられた、外壁にサイディングを使っている家は、「直張り工法」で施工されている可能性が高く、それ以降の「通気工法」で建てられた家と決定的な違いがあります。

その違いの一つが、通気性です。直貼り工法は、通気性に乏しいため、サイディングの内側に湿気がたまることが多くあります。
内部にこもった湿気は、サイディング材から外に出てくるわけなのですが、この時に、一般的な塗料では膨れが発生し、早期剥離が起きる可能性があるのです。

直貼り工法の外壁は、基本的には、塗装よりは、サイディングの張り替え、カバー工法が適しています。しかし、そうなると予算はぐっと高くなります。
(長い目で見れば、サイディング張り替えの方が安い場合もあるんですけどね💦)

直貼り工法のサイディング外壁を塗装するときは、透湿性の高い塗料で塗装することが重要なのです。
ご自宅が、直貼りかどうか、当店でお調べできますので、お気軽にご相談ください!

目次
閉じる